福江島

福江島

五島列島福江島にハワイと同じ溶岩流 パホイホイ

火山噴出により地層ができた福江島には、海岸にはいまだに多くの溶岩が残る。その中でもハワイで見られる溶岩流と同じ形状のものが福江島でも見ることができる。日本では珍しいその溶岩を福江島で探してみた。 滑らかな状態で固まった溶岩がパホイホイ 溶岩のなかでも水飴のような緩く滑らかな状態で固まったものをパホイホイ溶岩と呼ぶ。これはハワイ型の溶岩流で日本ではいくつかの島嶼で見られる珍しいもの。その...
福江島

五島列島福江島 崩壊した教会の立谷教会跡地

人口減少にともない使われなくなる施設も増えてくる。教会などの宗教施設もご多分にもれず廃止となるところもでてくる。福江島にかつてあった立谷教会もそのひとつで、現在は跡地が残るのみ。あまり知られていない立谷教会跡地を訪ねてみた。 台風により自然倒壊した立谷教会跡地 立谷(たちや)教会は、1878年(明治11年)に教会堂を建立されたとある。その後1985年(昭和60年)に人口減少のために教会...
福江島

五島列島福江島の五島牛乳の出来るまでを見学

五島列島福江島で作られている五島牛乳。五島でしか飲めない牛乳だ。その五島牛乳の製造工程を見学させてもらった。五島牛乳ができるまでのレポート。 五島牛乳の濃くて甘い味ができるまで 当サイトではこれまで五島牛乳の紙パックを使って様々なグッズを作ってきた。「名刺入れ」に始まり、「パスケース」を作り、そして「ペンケース」というラインナップが出来上がった。 なぜ五島牛乳にこだわって...
福江島

五島列島福江島にできた古本屋 本処てるてる

五島列島福江島に古本屋が新しくできたらしい。その古本屋の名前は「本処(ほんどこ)てるてる」。本好きには本屋ができたと聞いては黙ってはおかれない。どんな古本屋さんなのか興味津々で訪ねてみた。 本に触れてゆったりと過ごせる居場所の本処てるてる 福江島には本屋がなくなってしまっていた。正確に言えば雑誌や多少の新刊を取り扱っている店舗はあるのだが、書店という形態のお店が姿を消してしまっていたの...
福江島

五島牛乳パック工作第3弾 ペンケース

五島列島の福江島で販売されている五島牛乳の紙パックで作る工作シリーズの第3弾はペンケースだ。これを学校や職場などに持って行って机の上にさりげなく置いておけば映え度は高いはず!? 五島牛乳パックのペンケースはこだわりの造りがポイント 五島牛乳パックの工作シリーズもすでに3弾目。これまでは、「五島牛乳パッケージでオリジナル名刺入れ」と「五島牛乳紙パック工作第2弾 パスケース」を作ってきた。...
福江島

五島列島五島牛乳紙パック工作第2弾 パスケース カードケース

五島列島福江島で売られている五島牛乳。その五島牛乳の紙パックで工作したグッズ製作の第2弾。それはカードや定期券などの電子マネーカードを入れるパスケース。五島牛乳の紙パックを活用したパスケースをご覧ください。 実用性抜群の五島牛乳パスケース! 五島牛乳紙パック工作は「五島牛乳パッケージのオリジナル名刺入れ」に続いての第2弾。その2弾目はパスケースだ。電子マネーカード類やポイントカードなど...
福江島

五島列島福江港からも歩いて行ける福江教会

福江島の中心部にある教会は福江教会だ。五島市役所など行政関係が集まる地域の近くに建つ。福江島の中心地にあるだけあって建物も大きな教会。福江港からも歩いていける福江教会を紹介しよう。 潜伏キリシタンはいなかった福江教会 五島列島の教会といえば潜伏キリシタンがいたことでも知られているが、幕末当時は五島藩がこの地に居を構えていたため、外海からの潜伏キリシタンは福江にはいつかなかったそうだ。1...
福江島

五島列島の鯛の出汁カレーが美味しい ごとカレーとごと芋

五島列島で獲れた鯛から出汁をとったというカレーが福江島にある。しかもそれがレトルトカレーなのだ。さらに福江島で獲れた甘い芋を新たに売り出している。福江島の新名物になっているカレーと芋をご紹介! 五島発のおいしいを作る「ごと」 今回紹介するカレーと芋を作っているのが、「ごと」というお店。五島発のおいしいものを全国に届けられるようにレトルトや冷凍商品として開発している。 ごと...
奈留島

五島列島五島市における廃校の再生とその後

人口減少が年々拍車がかかる日本だが、離島ではさらに人口減は加速している。人口が減ればなくなっていくもののひとつが学校だ。五島列島の福江島、奈留島での廃校になった学校跡地の一例を追ってみた。 廃校を利用した成功例・ノルディックヴィレッジ五島アイランズ 廃校になった校舎と跡地を利用した成功例として挙げられるのが福江島のノルディックヴィレッジ五島アイランズだ。2011年に廃校になった田尾小学...
福江島

五島列島福江島に船で行くアクセス方法

五島列島の福江島に船で行くルートについて解説。五島列島のなかで最も大きい福江島に行く航路などの情報。 福江島への航路は長崎と博多から 五島列島へ飛行機のアクセスについては、「五島列島に飛行機で行く方法」で紹介している。ここでは船で福江島に行くアクセスについて解説していこう。 福江島と本土をつなぐ航路は長崎港と博多港から出ている。福江港を中心にしたそれぞれの航路についてみていこう。...
福江島

五島列島福江島 ノルディスクヴィレッジ五島アイランズ&田尾フラット

キャンプやアウトドアブームの兆しは五島列島にも入り込んでいる。福江島に2018年9月にオープンしたグランピング施設がノルディスクヴィレッジ五島アイランズ。宿泊しなくてもランチなど食事もできるこの新しいスポットを紹介しよう。 食事をするなら田尾フラットキッチンへ 今回紹介する施設自体は、「ノルディスクヴィレッジ五島アイランズ」という呼称だ。その中にある田尾フラットキッチン、通称田尾フラッ...
福江島

福江島で食べたい五島牛ハンバーガー

五島列島で食べたい特産品のひとつが五島牛。焼き肉やステーキーなど食べ方もいろいろだが、手軽に五島牛を食べてみたいというのであればおすすめするのが五島牛バーガーだ。福江島で五島牛バーガーを食べることができるショップを紹介する。 五島牛100%のハンバーガーはボリュームも最高! 五島牛も福江でステーキーや焼き肉店で食べれば、それなりのお値段はする。なにしろ高級牛肉なのだから。それをカジュア...
福江島

五島列島 福江島のクジラ 捕鯨の跡地を訪ねて

五島列島の歴史を振り返る時に切り離せないのがクジラの話しだ。かつて捕鯨で潤った五島列島には、各地にクジラに関する跡が残っている。ここでは福江島でのクジラの跡地を訪ねてみた。 黒瀬漁港に残る鯨鯢碑 五島列島には捕鯨基地となった場所がいくつかあるが、福江島では富江の黒瀬漁港が捕鯨基地のひとつとなっていた。そのため黒瀬漁港には捕鯨に関する碑などが現存している。 富江の黒瀬漁港に...
福江島

五島列島福江島に広がる緑は葉たばこ畑

福江島に春ごろドライブすると所々の畑に緑の葉が広がる。気にしなければと単なる畑が広がる風景なのだが、じつはこれ福江島に昔から続くたばこの葉の栽培だった。福江島のたばこ畑を撮ってみた。 風通しが良い五島で育つ良質のたばこの葉 五島で伝統的に続く栽培のひとつがたばこの葉の栽培。五島市では古くは天保年間にたばこの栽培が始まっていたそうだ。日本各地でたばこの葉は栽培されているが、五島は島なので風通しが...
福江島

五島列島福江島 高浜海水浴場の夕日・夕焼けを見るための条件

日本で最も遅く見える夕日が最西端のある島五島列島だ。そのなかでも福江島にある高浜海水浴場は、美しいビーチとして高評価を得ている。もちろんここで見る夕日も絶品だ。高浜できれいな夕日を見るための条件をまとめてみた。 がきれいな夕焼けが見える2つの条件 きれいな夕焼けが見えるにはいくつか条件が整う必要がある。それらを解説していこう。 湿度が高いこと 夕焼けを見るためには、大気中...
福江島

五島列島福江島のコワーキングスペース セレンディップホテル五島

都市部ではコワーキングスペースが花盛りだか、ここ五島列島の福江島にもオープンした。福江島のホテルのロビーにあるコワーキングスペースを訪ねてみた。 セレンディップホテル五島のロビーがコワーキングスペース コワーキングスペースとは、事務仕事などをする場所を共同で使えるフリースペースのこと。コワーキングとは、英語のCO-WORKING、つまりは「共同」という意味。パソコン一つでネット環境が整...
福江島

五島列島福江島にできた本格パン屋さん ワンダートランク wondertrunk

五島列島福江島に本格的なパンを作るパン屋さんがオープン。どんなお店なのか期待しつつ訪ねてみた。 古民家を使った店内にはハード系のパンが豊富に並ぶ パン屋ができたのは、福江島富江の田尾地区。田尾には、「田尾フラット」など新たな店舗が次々とできていていま注目されている地域。その田尾にパン屋が加わった。 その店名は「ワンダートランク」。49号線の道路沿いにあるので見つけやすい場...
福江島

五島列島 福江島河童伝説 福江にかっぱがいるとの噂

五島列島には、河童の目撃談がたくさんあるという。そのなかでも福江島には河童の伝説がある。福江島の河童にまつわる場所を訪ねてみた。 火消し河童が五島家を火事から救った 福江の商店街を歩いていると、歩道脇に河童が描かれたレリーフを見つけた。よく見るとそこには「火消し河童」と書かれている。 これがそのレリーフだ。河童達が火消しの纏を持って立っている。一体これはなんだろうかと調べ...
福江島

五島灘の海水から塩を作る 塩工房つばき窯

海に囲まれた五島列島福江島。その五島の海水を使って作っている塩工房がある。工房には一見ちょっと強面の職人さんがいたが、その塩工房を訪ねてみた。 窯で蒸して作る塩は粒が大きく甘い味 塩工房があるのは、福江島の香珠子ビーチ。香珠子ビーチに車で行くと駐車場に行きつくがその駐車場の前に塩工房はある。 上の写真が左側は五島椿物産館。みやげ物や五島の名産品などが売られている。その隣が...
福江島

五島列島はホタルの楽園

五島列島はホタルの生息地でもあり、ホタルの季節になると乱舞する。都市部ではあまり見られることがすくなくなったホタルも五島では季節の風物詩として鑑賞ができる。 ホタル観賞には地元での情報を得ること 五島列島でもどこにいてもホタルがいるわけではない。ホタルのいる場所に行くことで、ホタルの鑑賞ができる。まずはホタルがどこでどの時期に飛ぶのかについての情報を得ることが欠かせない。 ...
福江島

五島列島縦断国道384号線ドライブガイド

福江島のメインロード国道384号線を走破して撮影してみた。ちょうど福江島を一周する形になっている道路は観光しながらのドライブにも最適。ガイドマップとして384号線のドライブを紹介しよう。 国道384号線は佐世保までつながっている! 福江島を走る国道384号線は、五島市から新上五島町を縦断し佐世保までつながる五島列島の幹線道路だ。海上区間はフェリーでの航路として五島市から佐世保までつなが...
福江島

五島牛乳パッケージでオリジナル名刺入れを作ってみた

五島列島福江島で売られている五島牛乳。漫画「ばらかもん」でも主人公のなるが五島牛乳を飲んでいるシーンが時々出てくるので名前だけは知っているひともいるかもしれない。その五島牛乳のパッケージがとてもかわいい。だけどオリジナルグッズなどは存在しない様子はないので、パッケージを使って自らグッズを作ってみた。 五島牛乳は美味しくパッケージも素敵! 五島牛乳は、福江島で売られている地元の牛乳だ。濃...
福江島

五島列島福江島の潜伏キリシタン資料館のある 堂崎教会

世界文化遺産に「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」が登録されて潜伏キリシタンについて詳しく知りたいと興味を持つ方もいることだろう。そんなキリシタンの歴史について見聞を広げることができる教会が福江島にある。それが堂崎教会だ。 堂崎教会のキリシタン資料館では弾圧の歴史を見ることができる 堂崎教会は他の教会と違う点がある。五島列島の教会を訪ねると教会側の厚意により教会内を見学させてもら...
福江島

160年の歴史 五島列島 石田城五島氏庭園

五島列島福江島にある石田城。その中に幕末の時期に五島家第30代盛公によって造られた五島氏庭園がそのままの形で保存公開されている。五島氏庭園をダイジェストで紹介しよう。 樹齢800年の楠の木もある五島氏庭園 石田城五島氏庭園は、五島家第30代盛成(もりなり)によって文久元年(1861年)に落成された。この庭園は、京都の僧・全正により金閣寺の丸池を模して作られた。庭園にある隠殿屋敷は補修は...
福江島

5月10日は五島の日! こんなにある五島列島の魅力!

5(ご)10(とう)の語呂合わせから、5月10日は五島の日!この日は福江島をはじめ各地でPRイベントが行われ、広く五島がアピールされている。あらためて五島にはどんな魅力がある島なのかを紹介しよう! 美しい海、五島うどんに新鮮な魚、世界遺産の潜伏キリシタンなど魅力満載 五島列島を一言で言い表すのは難しい。それは様々な側面があるから。話題になったところでは、世界遺産になった潜伏キリシタン関...
福江島

日本最古のルルドがある福江島の井持浦教会

五島列島の福江島には日本最古のルルドが備わる教会がある。今では信者の聖地ともなっている明治時代から続くルルドの泉を紹介しよう。 日本最古のルルドは福江島の教会にある ルルドとは南フランスの地名であり、この地の洞窟で聖母マリアに聖水を示された少女がいたという故事に基づく出来事がありそこからカトリックの聖地となった。またこの泉の水は病を治す奇跡の水とも言われ「ルルドの泉」としても知られるよ...
福江島

「男はつらいよ」のロケ地になった五島列島福江島 玉之浦教会

映画「男はつらいよ」で寅さんは日本中を旅するが、その中で五島列島にもたびたび訪れている。その最初が福江島だ。寅さんが訪ねた福江島の教会を紹介しよう。 寅さんは福江港から玉之浦港にやってきた 福江島がロケ地となったのは、「男はつらいよ」の第六作になる純情編。冒頭で長崎港の大波止で絹代(宮本信子)で知り合い、訳ありの絹代と一緒に福江島に渡ってくる。撮影時期は昭和45年(1970)。そのころ...
スポンサーリンク