五島列島福江港からも歩いて行ける福江教会

福江島の中心部にある教会は福江教会だ。五島市役所など行政関係が集まる地域の近くに建つ。福江島の中心地にあるだけあって建物も大きな教会。福江港からも歩いていける福江教会を紹介しよう。

スポンサーリンク

潜伏キリシタンはいなかった福江教会

五島列島の教会といえば潜伏キリシタンがいたことでも知られているが、幕末当時は五島藩がこの地に居を構えていたため、外海からの潜伏キリシタンは福江にはいつかなかったそうだ。1913年(大正2年)に公立五島病院だった建物を買い取り、改装して教会にしたのが最初とされる。

教会から離れたところからも福江教会はよく目立って見える。福江の中心地にあり高さもある教会だ。

正面から見ると建物の大きさに圧倒される。福江島で一番大きい教会だろう。

入り口門に書かれた「神は愛である」という言葉は信者でなくとも心に響く。

正面に取り付けられたキリスト像。存在感をひと際放っている。

敷地内にあるマリア像。地面に施された星印が印象的だ。

福江教会のあゆみを解説した碑。

福江教会は、福江港からも歩いて行ける。船の待ち時間など十分にあって近くの教会を見学したいというときは訪れてみてはいかがだろうか。

スポンサーリンク