五島列島福江島でウツボ料理の店 ニューパンドラ

五島列島は新鮮な魚が食べられることでは有名だが、珍しい魚が食べられるという話はあまり聞かない。しかし、福江島にはウツボを食べさせてくれる店があるという。なかなかお目に掛かれないウツボ料理にトライしてみた。

スポンサーリンク

ウツボの怖い表情とは裏腹に淡泊でモッチモチの食感

ウツボは水族館などではよく見かけるが鋭い歯を持ち、いまにも噛みつきそうな強面な印象のある魚。そんなウツボが食べられること自体はあまり知られていない。ウツボを食べさせてくれるお店を訪ねてきた。

福江島の玉之浦にあるウツボを食べさせてくれるお店「ニューパンドラ」。この店名を見て少なからずのひとが「じゃパンドラの箱を開けちゃうかな」というセリフを口にしていることは想像に難くない。

あらためてウツボのことを知りたいという方用にこんなリーフも用意されていた。「指などは簡単に切り落とす」とあるようにやはり獰猛な性格のようだ。もし海でウツボを見かけも素手でつかみにいっては絶対にいけない。

ここで出されるウツボ料理のメニュー。お手頃な価格でウツボは食べられるようだ。

今回はウツボの天ぷらをオーダー。そして出てきたのがこちら。まったくあのウツボを想像させることはない料理に変わって出されてきた。

中を割ってみると白身でおいしそうだ。食べてみるとプリプリとした弾力が印象的。コラーゲンたっぷり肉質で味も淡泊で美味。

この日は、この店のもうひとつの名物料理の鯛茶漬けとセットでオーダーしてみた。あっさりとした鯛茶漬けとウツボの天ぷら、という他ではあまり見かけない組み合わせのメニューは意外にもいい相性だった。

お土産用にチルドパックされたウツボの切り身も販売されていた。これを持ち帰れば自宅でもウツボ料理を振舞うことができる。一度食べてみて気に入ったらウツボの味をお土産に持ち帰るのもよさそう。新たな福江島土産として利用してみるのもいい。

スポンサーリンク