五島列島福江島で朝・夕御飯を一人でも食べられる店

福江島に一人旅または出張で行ったときに困るのが定食などの食事を食べられる店が少ないこと。以前お店を探せなく食事する場所にあぶれることを「夕飯難民」という言葉で表現した。今回朝と夕御飯を食べられるお店をいくつか見つけたのでご紹介しよう。

スポンサーリンク

朝粥・金木犀

福江島では旅行者が一見さんで朝食を食べに入れるお店はほとんどない。そこに朝粥を朝食として提供するお店ができた。それが金木犀だ。

金木犀の店舗の外観。福江港ターミナルからもほど近いケーションなので早い船で到着したときにも便利だ。

生あおさのせ粥、680円。トッピングをメニューから選んでお粥に混ぜて食べるとよりおいしくいただける。五島のブランド地鶏「しまさざなみ」から出汁をとっている。

久賀島で獲れた車エビの老酒蒸しを乗せたお粥。トッピング次第ではちょっとぜいたくなお粥にすることもできる。

丼物、定食・五色

丼物や定食を食べたいときには福江島商店街にある五色(ごしき)がおすすめだ。ランチタイムから夕飯の時間まで営業している。

一般的な洋食レストランのメニューを揃えている。定食などの食事が摂りたいときには最適なお店だ。

五島牛牛丼、1000円。他にも五島牛肉を使ったメニューがあるので五島産のものが食べたいときにはおすすめ。

お好み焼き・鉄平

お好み焼き店だが、ちゃんぽんや一般メニューがあるので好みのチョイスができる。店内にはカウンター席もあるのでひとりで入っても食事が可能。

かき揚げ。ただひとつのプレートの量が多め。ひとりで何皿もオーダーすると食べきれないかもしれないので、オーダー時に聞いてみるのがおすすめ。

お好み焼き屋なのでお好み焼きを選ぶという選択も当然あり。鉄平は厨房で焼いたお好み焼きを持ってきてくれるスタイル。

スポンサーリンク