「ばらかもん」で半田先生が初めて感動する海 倭寇漁港

漫画「ばらかもん」の第一話で主人公のなるが半田先生に波止場の塀に上がらせて五島の海をまじまじと初めて見せた場所として描かれているところ。気持ちがふさいでいた半田先生がこの海を見て初めて心動かされ感動するシーン。漫画では夕日が落ちるシーンだが、ほぼ同じ場所。このサイトの管理人、瀬川が最も「ばらかもん」のなかで気に入っているシーン。

場所は倭寇漁港。この周辺には「ばらかもん」の舞台となる場所がたくさんある。

スポンサーリンク

主人公なると半田先生が波止場の塀の高さでひと悶着あるシーンはここ

倭寇漁港は小さい漁港でこの辺りでは波止場から水イカ釣りなどできる。ただし、5月から9月までは稚魚を育てるためにイカ釣りは自主規制されているので注意。

この風景を味わうためにも「ばらかもん」の第一巻を併せて読んでみてほしい。

スポンサーリンク