五島列島宇久島のサイクリングに最高のシーサイドロード

五島列島宇久島にあるシーサイドロードは、長崎鼻の一角を海岸線に沿って走る道。このロードはちょうど自転車で走るのに最適。そしてなにより島の自然を感じて走ることができて最高に気持ちいい。シーサイドロードをサイクリングしてみた。

スポンサーリンク

長崎鼻灯台に向かって走るシーサイドロード

宇久島の東端の一角に沿っている道がシーサイドロード。長崎鼻灯台に向かい走れる道で車道になっているがサイクリングにも最適だ。距離も数キロ程度なので子どもでもレンタル自転車で気軽に走れる。

シーサイドロードは、スゲ浜海水浴場を過ぎてから右手に折れて長崎鼻灯台に向かうように走り、海岸線を走りまた内陸に戻ってくるまでの道路。気軽なサイクリングに最適な距離。

シーサイドロードのは入り口にはこのような看板が立っている。地図を片手に道に沿って行けば迷わず行ける。

スゲ浜海水浴場側から走り始めたシーサイドロード。緑の草原と広い空だけが広がり、天気がよいととくにかく気持ちよい。ここを走っているだけでも宇久島に来てよかったと感じるほどだ。

海が近くなってくると放牧されている牛が見えてくる。宇久島ではよくある風景。

この草原辺り一帯は長崎鼻遺跡にもなっている。石斧などが発掘されたこともあるらしい。ただ遺跡の痕跡のようなものは見当たらない。

海沿いに走る道なので所々に海岸が見えてくる。潮風を感じてサイクリングするのは心地良い。

道路の細いところは車一台が通れるほどの車幅。車が通ることもあるのでサイクリングのときは、対向車には注意したい。

ハマユウ越しに右側に長崎鼻灯台が見えてきた。左の沖にあるのは古志岐島灯台。ここからだと二つの灯台が並んで見ることができる。

荒れた海岸線をそのまましばらく走り続ける。道は一本だけなので迷わず走れる。

奥のほうに見える海岸が大浜海水浴場だ。このあとは一度内陸側にシーサイドロードは進み終点となる。大浜海水浴場に向かいたいときは、右折して進めでは大浜にたどり着ける。

スポンサーリンク