1846年建造 常灯鼻

石田城(福江城)を築くときに波を止めるために防波堤とともに1846年に建造された常灯鼻。防波堤部分はほとんど失われているが、常灯鼻は健在。当時は灯台の役割も果たした。

スポンサーリンク