五島列島福江島にできた古本屋 本処てるてる

五島列島福江島に古本屋が新しくできたらしい。その古本屋の名前は「本処(ほんどこ)てるてる」。本好きには本屋ができたと聞いては黙ってはおかれない。どんな古本屋さんなのか興味津々で訪ねてみた。

スポンサーリンク

本に触れてゆったりと過ごせる居場所の本処てるてる

福江島には本屋がなくなってしまっていた。正確に言えば雑誌や多少の新刊を取り扱っている店舗はあるのだが、書店という形態のお店が姿を消してしまっていたのだ。本離れという言葉は最近はよく耳にするが、本が私たちに与えてくれるものは計り知れない。いつか福江島に本屋ができたらいいのにと思っていたら、古本屋さんが新しくできたという情報が飛び込んできた。そのお店の名前は「本処てるてる」。そこで早速、そのお店に行ってみた。

本処てるてるは、五島市の中心地にある。長年使われていなかった空き店舗を店主自らリフォームして店内を改装したそうだ。入り口引き戸の鮮やかなブルーが目にまぶしい。

入り口のガラスに貼られていた店主からのごあいさつ文。本処てるてるがどういうお店なのかこれを読んでもらえればわかるはず。

お店に入ると中は案外広い。左側には絵本が中心に置かれていた。きちんと子供の目線に合わせて低い位置に絵本がある。壁際に作られたカウンターでも本を読むことができるようになっている。椅子に座って落ち着いて本が読めるコーナーがあるのは嬉しい。

扱っているジャンルは幅広い。画集や写真集、それに哲学、思想、小説と読み応えがあるタイトルが並ぶ。

「何者からかの手紙」と書かれた封筒には、とある者からあなたへと書かれた手紙が入っている。その手紙が読み物として売られている。買わないと封は開けられない。様々な「何者」からの手紙が置かれていて、気になるものを選んで読めるというコンセプト。とても面白い発想の読み物だ。

五島市のキャラクターつばきねこの指人形。市民の方が手作りされたものを委託で販売している。このようなアートクラフトなども店内にはいたるところに置かれている。訪ねたときにどんなものが売られているのかも楽しみだ。

奥には座敷もありこちらでゆっくりとも過ごせるそうだ。店内ではコーヒーやジュース等の飲み物の販売もしているので、ここでゆっくりと時間をすごすこともできる。

本処てるてる店主の橋本美幸さん。福江の子どもたちや大人の方にこのお店を通して本に親しんでもらいたいと話す。気になる本があればできるだけ取り寄せてもくれるそうだ。橋本さんに気軽に本について尋ねてみると新たな本や未知の作家なども紹介してくれるかもしれない。

橋本さんは、昼間は別の仕事をされていて、その仕事後や週末などにお店を開けている。営業時間などは下記リンクのFBページなどでチェックしてから行くのがおすすめ。

本処てるてる Facebookページ

スポンサーリンク