五島列島福江島にある滝 ドンドン渕

五島列島福江島で有名な滝と言えばドンドン渕。ドンドン渕という一見滝を想像しにくい名称だが、れっきとした滝の名前。福江島の地元の子どもたちの夏の水遊びの場にもなっているくらい人気のあるスポット。もちろん見学するのにもおすすめの場所だ。

スポンサーリンク

ドンドン渕の名の由来はドンドンと響く音

ドンドン渕の名前の由来だが、勢いよく滝から流れ落ちる水が岩にぶつかり「ドンドン」という音を立てるというところからついたそうだ。豊富な水量が絶えないこの滝は勢いがあり、滝を目の前にする名前の通りのどんどん渕ということがよくわかる。

ドンドン渕への案内板。駐車場のあるところまで車で行き、そこからは徒歩で滝に向かう。

ドンドン渕までは山の中を5分から10分ほど歩かなければならない。そこまでの道は整備はされていない。足場は決してよくないので、ドンドン渕に行くときはラフな場所でもしっかり歩けるシューズを履いていくことがおすすめ。

ドンドン渕に近づくにつれこのような岩場も多くなる。足場が不安定な場所も少なくないので、初めて行くときはゆっくりと進んでいきたい。道中は山道のトレッキングと思っておいていい。

そしてようやく見えてきたドンドン渕。権現岳の麓にある滝。滝の高さはないが水量は豊富。夏には横の岩から水たまり場に飛び込んだりした水遊びもよく行われる。しばし時間を忘れて水が湧き出てくるのを眺めてしまう。

滝の向かいの岩場にはアカテガニがいた。福江島は海だけではなく山側の自然も堪能できる。

スポンサーリンク