五島列島福江島に広がる緑は葉たばこ畑

福江島に春ごろドライブすると所々の畑に緑の葉が広がる。気にしなければと単なる畑が広がる風景なのだが、じつはこれ福江島に昔から続くたばこの葉の栽培だった。福江島のたばこ畑を撮ってみた。

風通しが良い五島で育つ良質のたばこの葉

五島で伝統的に続く栽培のひとつがたばこの葉の栽培。五島市では古くは天保年間にたばこの栽培が始まっていたそうだ。日本各地でたばこの葉は栽培されているが、五島は島なので風通しがよくたばこの葉がよく育つという。

海を見下ろす高台の畑に広がるたばこの葉。海から入る海風が栽培を即するのだろう。いい味のするたばこの葉がこんなところで育っている。

たばこの葉はこんなに大きい。葉巻はたばこの葉を巻いて作るというのが実物の葉を見ると想像ができる。

たばこの葉は、JTと契約していることで栽培ができる。また栽培した葉はすべてJTが買い取るという仕組みだそうだ。しかし、近年たばこを吸わない層が増えてきてたばこ自体の生産も減産。今後の栽培量も減るかもしれない。

それでも春先に緑色したたばこの葉が広がる畑は福江島の風景のひとつだ。鬼岳を背景にした畑も絶景だ。春先に福江島にきたらたばこ畑を意識してドライブしてみるのも楽しそう。これも福江島独自のワンシーンだ。