五島列島でイカを釣る方法

五島列島は釣り天国ともいえる場所。せっかく五島に行くのであれば釣りも体験してみるのもおすすめ。
五島で釣れる魚種はたくさんあるのが秋以降のシーズンのイカ釣りは手軽に大型のイカが釣れる。

釣りができる場所近くの釣具店ではレンタル釣り具のサービスをしている店舗もある。釣り道具を持っていない場合は釣具店で尋ねてみよう。
自前の釣り道具を持参すれば、旅行中に魚が釣れそうな場所を見つけたらいつでも釣りができる。

ではどんな釣り道具を持っていけばいいのか、最小限のパターンで紹介しよう。

スポンサーリンク

竿とリール、そしてルアーがあればOK

まず用意するのは、竿とリール。竿は旅行で持ち歩きがしやすいように短く収納できる振出し竿を選ぶ。収納した状態で50センチ以下のサイズであれば持ち運びもしやすい。

リールは糸巻きがしてあるものが売られている。2500番または3000番の小さい目のリールが使いやすい。糸のラインは本格的に釣るならPEラインを巻くのだが、初めての釣りであればナイロンラインでも十分だ。

イカ専用のルアー、エギ

イカを釣るのに必要なのがイカ専用のルアーだ。これをエギとも呼ぶ。エギルアーには様々なカラーリングのものがある。また浮きやすいタイプと沈みやすいタイプなどがある。2-3種類程度選んでおくとよい。

またラインとルアーを取り付けるときにクイックスナップなどとよばれるサルカンを使う、ルアーの取り換えが簡単に行える。こらちも準備しておきたい。

またイカや魚を釣り上げたときに直接素手で触れない場合などに魚をつかむ専用のクリップもあると便利だ。

エギングの基本はエギを沈めてしゃくるの繰り返し

イカをルアーで釣る釣法をエギングとも呼ぶ。エギングでの釣り方の基本は、まず海に向かってルアーを投げ入れる。着水したらそのままルアーが海底に着くまで沈ませる。糸を張りながらルアーが沈むのを待ち、ルアーが底に着くと糸が緩む。

ルアーが底に着いたら、今度は竿を大きく上に2-3度しゃくりあげる。この動作で海中にあるルアーが上下に動く。そしてまた底まで沈める。これを繰り返し行う。

イカはルアーが動いたりするものを餌と思い抱きつきにくる。そのときにイカの足がルアーの針に掛かる。

釣れた時は、竿に重さを感じるはずだ。これを「乗った」と表現する。イカが乗ったらそのままリールを巻き上げよう。大きさイサイズだとかなりの重さを感じ、なかなか上がらないかもしれないが焦らずに一定の速さで巻き上げる。

イカの姿が見えたら一気に陸に取り込む。そうするとこのような水イカ(アオリイカ)が釣れる。この写真は小値賀島で釣ったものだ。このサイズなら刺身でも煮てもおいしい。

ぜひ五島列島でのイカ釣りにチャレンジしてみよう!

スポンサーリンク