五島列島にレベル5の大雨特別警報が発令

2019年7月20日に台風5号の影響による大雨特別警報が五島列島に出された。猛烈な雨に見舞われた五島市の様子をレポートする。

スポンサーリンク

台風5号により初のレベル5の警報発令

大型の台風5号が2019年7月20日に朝鮮半島の西にあり、その台風から暖かく湿った空気が入り込み、五島列島付近には「線状降水帯」が発生し大雨をもたらした。五島市では1時間に100ミリを超す雨を観測し、レベル5となる大雨特別警報が出された。

2018年の西日本豪雨の教訓から2019年より運用を始めた5段階の防災気象情報のうち、最も警戒が必要なレベル5相当の発令はこの五島列島に出されたのが初めてとなる。

台風が近づきつつある7月19日の鐙瀬溶岩海岸の様子。風が次第に強くなり波が荒立っていた。この日の夜からは激しい雨が降り続いた。雨粒ではなくバケツで水をかけ続けているように窓のガラスには雨が叩きつけられているような状態だった。

2019年7月20日の午前10時5分に対馬と五島列島に警戒レベル5に相当する大雨特別警報が出された。そのときのNHKのニュース画面。また携帯電話、スマートフォンに特別警報発表の緊急速報メールが送信された。五島市では午前10時10分までの12時間の雨量が312ミリに達した。

2019年7月20日正午ごろの五島市中心部の様子。粒が大きい雨が降り続いているのがわかる。この後午後3時過ぎごろまでは雨が降り続けていた。五島市では、午後3時10分に大雨特別警報は解除された。

雨が止んだ午後4時過ぎの福江港の様子。海の色は茶色に濁り、流れてきたごみなどが大量にロープのところにたまっている。

五島市では土砂崩れなどの被害

翌日の7月21日の五島市の様子。雨で土砂が崩れている。

土砂崩れで押し倒された木は田んぼに横たわっていた。土砂崩れの威力が垣間見れる。

五島市岐宿では山崩れが発生。ここを通る道は封鎖されて迂回ルートができていた。

スポンサーリンク