五島列島福江島が北限の希少な植物 タヌキアヤメ

五島列島の福江島が育つ北限地という希少な植物がタヌキアヤメ。福江島でも限られた場所でしか生育が確認されていない貴重な植物を紹介しよう。

スポンサーリンク

タヌキアヤメは湿地が好きな熱帯植物

タヌキアヤメは熱帯の植物で日本で生育できるのは福江島が北限地と言われている。湿地を好み、高さ1メートルほどに伸びて花を咲かせる。

タヌキアヤメが群生している湿地。それぞり群れて育っている。この場所ではタヌキアヤメを自生を保護するために柵で守られている。

高さは1メートルほどの茎が伸びる。黄色い花を下から順に咲かせる。花はひとつの茎でひとつずつ咲かせて、一斉に咲くことはない。

タヌキアヤメの名の由来のひとつは、葉がアヤメに似ていて花の外側に白い綿のようなものがあるところがタヌキに見えることからタヌキアヤメと名付けられたという説がある。

タヌキアヤメは五島市天然記念物に指定されている。しかし、自生していても雑草と間違えられて刈られてしまったり繁殖力の強い植物に負けて消滅したりして自生しているのは数えるほど。現在は福江島では3か所で自生されているのが確認されている。

今後タヌキアヤメを刈ってしまったりしないようにして後世にも残っていってくれることを期待したい。

スポンサーリンク