五島列島小値賀島の天草で寒天作りを楽しもう!

コロナウィルスの影響でなかなか離島に行くことができない日々が続いています。気分だけでも島の雰囲気を味わうために小値賀島で購入した天草で作る寒天セットでデザートを作ってみました。簡単にできる五島の海の味です。

スポンサーリンク

天草を煮込んで冷やして固めるだけでOK!

小値賀島に海産物のお土産を売る津田耕平商店というお店があります。ここに売られていた手作り用の天草を使って寒天を作ります。ちなみにこの津田耕平商店の商品でおすすめなのは「いりこ佃煮」です。あんなに味の染みている佃煮はなかなかお目に掛かれません。「いりこ佃煮」は、小値賀港の売店でも売られているようですのでぜひお試しください。

こちらが手作り用に売られている天草です。100グラム超の天草が入っています。寒天の作り方も入っているので初めて作る方でも簡単にできるはず。

まずは天草を水洗いします。簡単に水で天草全体を洗い流しましょう。

100グラムの天草に対して2.5リットルほどのお湯で天草を煮込んでいきます。煮込んでいくと天草の量も少なくっていきます。時間は30分ほどを目安に。

天草の煮込みが終わったら、目の細かいザルなどでこします。この煮詰めたお湯を冷ませれば固まって寒天になります。

天草をこした状態はこのような澄んだ色です。

このまま容器に入れて冷ますとトコロテンとして食べることができます。

作った寒天をサラダにトッピングしてもおいしいいただけます。ヘルシーメニューにもぴったり!

今回は牛乳を甘く煮詰めたものと混ぜ合わせて牛乳寒天も作ってみました。

じっくりと冷やしてフルーツを添えればこんなにおいしそうなデザートになります。小値賀の海の幸からアイディア次第でいろんなデザートなどが作れます。五島列島に容易に行けないときにもこんな五島の味を楽しんでみてはいかがですか。

スポンサーリンク