五島列島福江島にあるキャンプ場もある魚津ヶ崎公園

五島列島に行くなら海の近くにキャンプを張ってアウトドアライフを楽しみたいという方も少なくないだろう。そんな希望をピッタリと叶えてくれる場所が福江島にある魚津ヶ崎公園だ。遣唐使船の日本の最後の寄泊の地としても知られている魚津ヶ崎公園を紹介する。

スポンサーリンク

魚津ヶ崎公園は釣りもキャンプもできる眺めの良いところ

魚津ヶ崎と書いて「ぎょうがさき」と読む。五島市岐宿にあるこの岬の公園は、眺めがよいだけでなく釣りやキャンプを楽しめるアウトドアレジャーを楽しむことができる場所としても有名。

魚津ヶ崎公園の入り口。岬全体が公園になっている。この場所から海を眺めるだけでも気持ちがいい。

魚津ヶ崎公園の周辺は磯場になっていて釣りのスポットとしてもいいロケーションになっている。磯につくメジナやクロダイなどを狙うのもおもしろいしルアーでスズキなどの大物狙いを試してみるのにも釣り場だ。

ここから見る夕日もきれいで、サンセットビュースポットとしても有名。また魚津ヶ崎公園には季節ごとに畑一面に花を咲かせて訪れたひとの目も楽しませてくれる。季節ごとに訪ねてみるのもおすすめだ。

こちらの岬ではキャンプやバーベキューなどアウトドアレジャーを楽しむことができる。キャンプ場としての施設も完備している。

魚津ヶ崎公園周辺に植えられている植物。よく見ると形が変形しているのがわかる。これは海風に耐えながらもこの場で育っている間にこのような形になったもの。自然の力と海沿いの荒々しさを見ることができる貴重なシーン。

スポンサーリンク